アクティブに過ごす家

自然素材に囲まれたストレスフリーな家。
アウトドアも満喫できる広々とした庭。
これぞ茨城で居を構える醍醐味。

漆喰の外壁と杉板の軒天井が映えるS邸「素材にこだわり、デザインはシンプルに。基本的に中も外も白とブラウンにカラーを統一しています。流行に左右されない形や色にすれば、ソファーやカーテン、雑貨などの色が映えるんですよ」とご主人。

庭で過ごし、食卓を囲む家族の格別なひととき
日立市の工務店「モリハウジング」のハウスプロデューサー・Sさんが家を建てたのは、夫婦それぞれの実家の中間地点である高萩市。そこは「広めの土地が手に入れやすい」「生活用品が揃う店が程よい距離にある」という夫婦の条件にぴったりの場所でした。

庭の様子が一望できるリビング。気密性や断熱性、デザインに優れた木製トリプルサッシを使用。住まい全体が経年“美化”を感じられる無垢材と漆喰の塗り壁の自然素材を使って、なるべくシンプルに。「家ではストレスなく暮らしたいと誰もが願うもの。だから住宅の性能を高めて、室内の寒暖差なく過ごせる家を作りました」。

家族が集まった時も、庭にベルテントが登場。自由に遊んだり、お昼寝をしたりする子ども達のユーティリティーな空間。「エアベッドも置いておくと、トランポリン代わりになって子ども達も喜んでくれますね」。

「あまり若い人がいない街だから、色んな人が子ども達に優しくて。外で遊んでると、近所の方にお菓子を貰うことも日常茶飯事」。そんな心温かな人々に囲まれた土地で、Sさん一家が休日に満喫しているのはキャンプやバーベキュー。「会社の先輩からテントを貰ったのを機に、ハマってしまって。だから、それらを庭でも楽しんだり、子どもとのびのび遊べるような住まいにしたかったんですよ」。

「妻が仕込んだハーブ味のラムチョップやチキン、焼き芋や焼きおにぎりを食べるのが我が家のBBQの定番。食後のマシュマロ焼きも子ども達の好物です」。

同社のコンセプトを随所に詰め込んだシンプルな家は、上下階が吹き抜けでつながり、1階はワンルームのようなオープンな空間。気密性や断熱性が高いので、冬も夏も室内の温度差がなく快適です。「無垢材や漆喰などの自然素材を使い、カラーリングも白と木の色を基調としているので、流行に左右されず、なおかつカーテンや家具、雑貨で色を取り入れて遊ぶこともできるんですよ」。

2階にいる家族の気配を感じさせてくれるリビング上の吹き抜け。ルーバーは空気の流れを遮らず、程よい目隠しとなっています。

リビングのTVボードは住まいのテイストに合わせて大工職人が造作したもの。メイプルの床はお掃除ロボットの通り道。

 

リビングとダイニングの一部となるウッドデッキの前に広がるのは、約50坪の庭。Sさんが植えたアオダモが風にそよぎ、青々とした芝が生い茂るこの場所は、まるでオートキャンプ場のよう。ベルテントを立て、バーベキューコンロを出せば、庭キャンプの始まり。

余った廃材を利用してDIYで作ったキャンプテーブルは、庭でのBBQにも大活躍!「お施主さまにイスを作ってプレゼントしたこともありますし、うちの子ども用の靴入れも自分で手掛けました」とご主人。

ここで活躍するのは、住宅の廃材を利用してDIYした木製のテーブルやイス。ランタンの灯りがアウトドアムードを盛り上げます。茨城県の特産であるさつまいもやピーマン、奥さまオリジナルの下味を付けた肉、マシュマロを炭火で焼けば、家族全員いつも以上に食が進んでしまうのだとか。「友人家族とも、こんな休日をシーズン毎に過ごすのが恒例になっていますね」。快適な家で過ごしている反動なのか、Sさんが今後、計画しているのは、息子さんと二人だけの男のキャンプ。「水道や電気も通っていない自然の中で、男らしい過酷な体験を一緒にしてみたいです」

シンクの中が見えないように、カウンターを立ち上げた対面式のキッチン。ご主人がセレクトしたコーヒー用品などが棚に並びます。「Instagramで見つけた、いいな!と思うものを買い揃えるのが楽しみなんです」。

工務店情報・資料請求はこちら
https://iezukuriguide.com/builder/0001IG

PAGE TOP