緑に溶け込む里の暮らし

眼下に広がる田畑や森を眺める。
タバコをくゆらせ、深呼吸する。
10年経っても色褪せない故郷の暮らし。

5層のスキップフロアで空間に変化をつけているM邸。子供達が毎日、この階段をリズミカルに昇り降りしています。

茨城県のちょうど真ん中辺りにある茨城町。希少な汽水湖の涸沼を有するこの町で、Mさん家族が暮らし始めたのは10年前。高校時代の同級生だった奥さまとの結婚を控えている時期に、「自分が生まれ育った町で家庭を築きたい」と広々とした静かな場所を選びました。「いつも夜中まで、せっせと方眼紙に間取りを書いていましたね。それを元に趣味、趣向が一緒の大工と『これ、カッコイイよね』とアイデアを出し合いながら、遊び感覚で作った感じ。楽しかった記憶しかないですよ」。

リビングとダイニングをつなぐ階段の壁はフォトスペース。「産まれたばかりの頃、七五三、入学式、旅行…、子供達それぞれの写真や家族写真を改めて見ると、『カワイイなぁ…』って心から思うんです。『子育てを頑張ろう!』ってモチベーションが上がるんですよ」と奥さま。

こだわったのは、スキップフロアと木の味わいが肌で感じられる家。「雑誌か何かでスキップフロアの住まいを見て、ダイニングとリビングの関係性がいいなと思って。色んなスペースもできるし、ガレージを作っても中の空間を広くできたし。そして、木の色合いが変化していく経年美化を実感しながら暮らしたかったんです。建ててから随分経ちましたが、大分いい色になってきました。毎日見ていますが、全然飽きないですよ」。

杉の大柱を軸にした木製のルーフバルコニー。下はリビングと客間、上は寝室と子ども部屋にそれぞれつながっています。

米ヒバでできたバルコニーを囲む、L字型のような外観。モスグリーンのガルバリウム鋼板に包まれた住まいは、まるでバンガローのよう。「人目を気にせず庭で過ごしたい」と北側の道路に面した土地に佇んでいるため、日当たりは良好。3人の子供達がご主人手づくりのブランコや鉄棒ではしゃいだり、奥さまはナスやぶどうなど、季節の野菜やくだものの栽培を楽しんでいます。

心地良い陽の光と爽やかな風が舞い込む2階リビング。家族が集う場の窓からは、庭の木々や空が見え、田園風景が広がります。「最近、子供がもう1人増えて、5人家族になったんです。子育てで忙しくて、なかなか趣味の時間が取れないんですが、この生活もかけがえのないもの」とご主人。

観葉植物のお手入れは、奥さまの日課の一つ。「元々ガーデニングや家庭菜園をやりたかったんです。日当たりがいいので、どれもよく育ちますね。なるべく手間がかからない品種を選んで取り入れています」。

「目の前の田んぼの稲刈りが終わると、子供達と思いっ切りボール遊びができるんです。その時期なら柵を越えても、農家さんに迷惑をかけないから(笑)」。

もう一軒建てられそうなほど、広々とした庭。ここではサッカー、野球も遊び放題。

息子さんは大洗の海でご主人のお父さんと毎週釣りざんまい。
Mさん一家の週末は魚料理が定番です。近頃、娘さんとバイクでお出かけすることも増え、二人乗りの新しいバイクも検討中なのだとか。

「バイクも車も古くなってからがいいですよね」。昔のYAMAHAなどの名車が所狭しと並んでいます。

壁にはバイクの整備用の工具がたくさん。

「家族で旅行にもっと行きたいですね。旅行先で釣りに行って、魚焼いて食べるとか…。子供達が巣立った後のことも色々考えているので、その時期にしか味わえないひとときを大事に過ごしていきたいです」。

「本当は車を入れる予定だったんですが…笑)」。ご主人のバイクや趣味の道具が詰まったビルトインガレージ。その隣には友人らと麻雀などを楽しむ部屋も。「家族が寝静まった後にうるさくしても大丈夫なように、寝室から一番遠い場所にしました!」。

工務店情報・資料請求はこちら
https://iezukuriguide.com/builder/0040IG

PAGE TOP